らすとえんぺらー だい18わ どうが
ラストエンペラー 第18話 動画

サブタイトル

傀儡帝国

冒頭あらすじ

そもそも溥儀が満州国皇帝となった目的とは?それは他ならぬ大清帝国復活である。だが日本の謀略でがんじがらめとなり自らの理想など全く映らないこの満州国における溥儀は、傀儡帝国の傀儡皇帝として売国奴に成り下がっただけであった。政府内の組織から国内法令に到るまで、全てが日本人を優先して作られる満州国では、皇帝は最後の決定事項に署名をするだけの機械にすぎない。溥儀の父・載ホウが溥儀の登極を祝して長春を訪問した。溥儀は父を歓迎し、自宅で宴会を催すが、その席に下士官を派遣した関東軍司令部は彼が父の出迎のために軍隊を動員したことを非難する。そこには満州国における溥儀が皇帝として全く尊敬される立場にないという厳しい現実があった。

ラストエンペラー 第18話のYouTube動画検索結果

ラストエンペラー 第18話を視聴する



ラストエンペラーの新着動画


ラストエンペラー 第19話のみんなの評価


(あなたも気軽に評価してみてね☆)
Loading...

コメントを残す


*

中国ドラマ


台湾ドラマ


ジャンルから探す


制作年から探す


特集

映画