しこうていれつでん ふぁーすとえんぺらー だい27わ どうが
始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第27話 動画

冒頭あらすじ

始皇帝は東巡の道中、呂不韋[りょふい]の墓に立ち寄る。そして扶蘇に「呂不韋は恩師であり仲父だ」と説明し叩頭の拝礼を命じる。今回の始皇帝東巡の最大の目的は泰山封禅である。泰山を有する山東の地は古来より儒学が盛んで高名な儒者を輩出している。扶蘇は、封禅の教えを請うため著名な儒者淳于越[じゅんうえつ]に会いに行き、途中で一人朗々と詩を吟じる青年に遭遇する。扶蘇は青年の深い教養に感心するが果たして彼は淳于越の息子だった。封禅を終えた始皇帝は淳于越ら儒者を官職に任じ咸陽に招いた。盧生は、仙人の物だという見知らぬ文字が書かれた亀甲を献上する。始皇帝は半信半疑で李斯らに検証させる。そこには「秦を滅ぼすは胡なり」と書かれていた。

始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第27話のYouTube動画検索結果

始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第27話を視聴する



始皇帝烈伝 ファーストエンペラーの新着動画


始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第24話のみんなの評価


(1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...

コメントを残す


*

中国ドラマ


台湾ドラマ


ジャンルから探す


制作年から探す


特集

映画