しこうていれつでん ふぁーすとえんぺらー だい33わ どうが
始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第33話 動画

冒頭あらすじ

始皇帝の病気が重くなると趙高[ちょうこう]は不忠心を暴露し始める。始皇帝は邯鄲で黎姜[れいきょう]に会った後、扶蘇[ふそ]に会うため、病状を省みず北へ向かった。しかし、始皇帝の病気は長旅の振動に耐えられなくなっていた。馬車が数百里進んだ後、始皇帝は遂に最後が来たことを感じ、趙高を呼んで遺詔を書かせ、王位は扶蘇に継承させ軍隊は蒙恬[もうてん]に統帥させる意思を示す。だが始皇帝が崩御した後、趙高は李斯[りし]と共に、胡亥[こがい]を二世皇帝にして扶蘇と蒙恬を殺すニセの遺詔を作成する。扶蘇と蒙恬は、始皇帝が彼らを処刑する事が信じられないが、扶蘇はニセの遺詔を聞き入れる。そして、死の直前、李斯は扶蘇に、もし皇帝になっていたら、何をするかと問うた。(完)'+

始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第33話のYouTube動画検索結果

始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第33話を視聴する



始皇帝烈伝 ファーストエンペラーの新着動画


始皇帝烈伝 ファーストエンペラー 第24話のみんなの評価


(1 投票, 平均点: 3.00)
Loading...

コメントを残す


*

中国ドラマ


台湾ドラマ


ジャンルから探す


制作年から探す


特集

映画